【清水富美加】あなたの部下が突然!神に仕えると言い出したときに読む本


スポンサードリンク

どうもこんにちは。清水富美加さん、改め宗教家の千眼美子さん。告白本「全部言っちゃうね」を17日出版しました。かなりの反響があるみたいです。炎上マーケティングとも言われていますが、実際、そうなんでしょう。

 

 

目次

告白本。本の内容は・・・

あなたの部下が突然!神に仕えると言い出したときに読む本

おまけ:年配の部下が多いリーダーにこそ読んで読んで欲しい書籍

 

 

告白本。本の内容は・・・

 

WS000767

【緊急告白】
死にたかった7年、
死ななかった7年。

一連の騒動の真相は? 幸福の科学って?
せっかく人気女優になれたのに?
友だちや仕事でお世話になった人、
そして心配してくれるたくさんの人たちへ。
すべての疑問に、自分の言葉で答えました。

 

 

その告白本には、清水富美加さんが直筆で書いた文章があります。

 

WS000759

個人的には以前紹介したときの直筆をみていて思ってたんですが。。。とにかく字がきたない。

WS000760

 

そりゃ、がんばったら何書いているかわかるし、読めるといえば読めますよ。

 

でもね。ちょっと、ひどすぎじゃないですか?字が小学生レベルです。

内容ではなくこの文字を見て、精神的未成熟さを感じてしまいました。文字が綺麗=精神年齢が高い。成熟しているというつもりはありませんが、、、

人生かけて、遺書を書くような気持ちで書いた文字には僕には、到底思えないんだけど。。。皆さんはどう思いますか?

 

残念ながら、前書きの内容よりも文字が未熟すぎて内容が頭に入ってきません。

 

なんでも、かんでも、ありのままの自分でやっていくのは個人的には、どうかと思う。

そんな、清水富美加さんの引退記事はこちら

 

 

あなたの部下が突然!神に仕えると言い出した時に読む本

 

芸能人は歯が命。芸能人といえどフリーランスの自由業のようなもの。誤解したまま言えば、ピンきりの超高額報酬案件の派遣員ともいえなくはない。

と、、、そういうことにしておこう(笑)

 

さて、派遣に限らず、雇用契約を結んでいる社員や部下や同僚が突然、神に仕えるので会社やめます。

 

なんてことを、言われないために、あなたの管理能力を底上げする本を紹介していきたいと思います。

 

 

日ごろから上司や中間管理職の皆様は部下の教育に2つにしか曲がらない腰を6っつも7つも折り曲げる努力をしていることかと思います。

ほんと、教育や指導は人間が相手なので、大変だと思いますよ。

 

マネジメントの本はアマゾンで調べてみました。

スポンサードリンク

マネジメント・人材管理 の 売れ筋ランキング・ベスト3!

 

第1位

HARD THINGS(ベン・ホロウィッツ)

 

WS000762

ベストセラー。人材管理や教育がメインというよりは、企業家が読む本であると、多くのレビュアーが伝えています。

 

第2位

フィードバック入門 耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術 (PHPビジネス新書)

 

WS000763

ベストセラー。レビューは付いていないが、「成果のあがらない部下に、耳の痛いことを伝えて仕事を立て直す」部下指導の技術。コーチングとティーチングのノウハウを両方含んだ、まったく新しい部下育成法。現役マネージャー3名のフィードバック事例も記載されているので、参考になるかもしれません。

 

第三位

マネジメント[エッセンシャル版] – 基本と原則
ピーター・F・ドラッカー

 

WS000766

ビジネス書籍を少し読んだ人ならどこかで、この名前を聞いたことがあるくらい有名人。こちらの本もベストセラーです。人材管理をする人だけでなく、すべてのビジネスマンが一度は読んでおいたほうがいい良書。

 

おまけ:年配の部下が多いリーダーにこそ読んで読んで欲しい書籍

 

リーダーシップが変わる9週間プログラム

 

WS000765

高齢化が進んでいく中、プロジェクトリーダーや現場リーダーは自然と年少者が請け負うことも少なくありません。現場で、円滑にリーダーシップを発揮するのに役立ちます。

 

 

人を動かす D.カーネギー

 

WS000764

こちらも、ビジネス関連の書籍を読んだことのある人なら名前ぐらいは聞いたことがあると思います。現場や職場でリーダーではくても一度読まれることをお勧めします。読んだことがある人もいるかもしれませんが、何度も読みかえし実践することに意味があります。こちらも、良書です。

 

 

さて、言うまでもありませんが、突然、あなたの部下が神に仕えたいので辞めたいと申告してくる前に、部下が抱えている問題を取り除いてあげましょう。

 

確かに、不意の事態は起こりますし、天恵を受けて、真実、神に仕えたいという思いが溢れることも人生にはきっと、あるんでしょう。

それでも、日ごろから小まめにコミュニケーションを取って意思の疎通を図っていれば、ある程度の予測や話し合いの余地は残ると思います。

 

部下の仕事的、人間的成長には指導、教育は欠かすことが出来ません。

 

人材管理やマネジメントにおけるポイントを知ることはとても重要なことだと思います。

 

もし、あなたの周りに「神に仕えるから仕事を辞める!」バカなことを言い出したら、愛情を持って、きちんと叱ってあげてくださいね。

 

スポンサードリンク